King & Wood Mallesons

Recognised as one of the world’s most innovative law firms, King & Wood Mallesons offers a different perspective to commercial thinking and the client experience. With access to a global platform, a team of over 2000 lawyers in 27 locations around the world, works with clients to help them understand local challenges, navigate through regional complexity, and to find commercial solutions that deliver a competitive advantage for our clients.

King & Wood Mallesons Blogs

Latest from King & Wood Mallesons

作者:关峰 朱琪玮

信用是对民事主体客观经济能力和主观偿债意愿的社会评价,属于《民法典》人格权编中名誉权的规范范围。“信用修复”,则指信用主体在纠正失信行为、消除不良影响后,由相关机构停止公示失信记录、终止实施失信惩戒措施,旨在引导和鼓励信用主体主动重塑良好信用、营造优良信用环境。

随着社会信用体系建设的完善,失信约束制度从单纯的失信惩戒进一步拓展至鼓励失信主体主动纠正,“信用修复”随之成为近年来政策制定重点关注的问题。信用修复制度的建立一方面提升了社会信用体系建设法治化、规范化水平,另一方面也构造了信用信息主体和金融机构之间的新型关系。部分信用主体因商业银行采取信用修复措施不及时、不完善,进而要求商业银行进行信用修复并赔偿损失,此类矛盾逐渐进入司法审判视野。该类案件由于类型新、先例少,尚缺乏统一的司法标尺,为商业银行应对该类案件提出挑战。

阅读更多

作者:黄滔 戴月 宋君 李亚欣

近日,全国人大常委会对《中华人民共和国民事诉讼法》第五次修正草案(下称“《民事诉讼法》修正草案”)进行了第一次审议,并向社会公开征求意见。此次修正,回应了涉外民事诉讼实践中诸多亟需解决的问题。我们结合从事跨境争议解决的实践经验,就《民事诉讼法》修正草案中有关涉外管辖和送达的部分条款进行了研究,并提出我们的理解和建议。

阅读更多

作者:张漠 钟敏 刘会琳

随着社会经济发展,关联交易已成为公司治理中普遍存在的现象。公允的关联交易能有效降低交易成本和信息不对称,分散经营风险。但实践中,大量存在公司控股股东、实际控制人和董监高,利用其与公司的关联关系和控制地位,通过关联交易占用公司资产或转移公司利润等不当行为,影响公司的经营独立性,严重侵害利益相关者的合法权益。因此,《中华人民共和国公司法》不公允的关联交易进行规制,以平衡公司治理的效率与公平。

阅读更多

作者:宁宣凤 吴涵 姚敏侣 吴真恺

2022年全球网络安全与数据合规治理格局纵深推进,欧盟加速数据保护和数字经济一体化进展,年末在推进与美国的跨境数据传输协议中又迈出重要一步,以数据主权理念为基础的数据保护规则进一步扩大国际影响力,建立数据保护共识的“朋友圈”。同时,我们也看到诸如印尼等东南亚国家数据安全立法出现新变化,数据保护的工具箱也显现出多样化的趋势。在趋同存异的国际大环境下,我国网络空间治理框架不仅逐步成型,而且在“以安全促发展”的目标下平稳落地。数据安全和个人信息保护出台更加细节化的规则,如何通过数据保护促进数字经济发展也具备明确的指导方向。

阅读更多

Authored by: 田暉

中国では、市場における公平な競争を維持するための基本的な法律として、不正競争防止法が1993年に施行された。その後、2017年には不正競争行為の規制範囲、法執行の程度、処罰措置など多方面にわたる改正、また、2019年には営業秘密保護条項に関する改正がそれぞれ行われたものの、中国経済の急速な発展に伴って新たな業態が現れ、データ、アルゴリズム、プラットフォームルールなどを通じた不正競争行為も見受けられるようになった。

Read More

Authored by: 田暉

2017年6月1日における「サイバーセキュリティ法」(中国語:網絡安全法)の施行と共に、ネットワーク情報部門(国家インターネット情報弁公室及び各地方のインターネット情報弁公室を含む)の行政法執行及び法執行の手続の具体的な運用に備え、国家インターネット情報弁公室が制定した「インターネット情報内容管理行政法執行手続規定」(以下、「法執行手続規定」という)も同時に施行された。その後、「データセキュリティ法」(中国語:数据安全法)、「個人情報保護法」(以下、「サイバーセキュリティ法」、「データセキュリティ法」及び「個人情報保護法」の三つの法律を総称して「データ三法」という)その他関連する下位の部門規則など一連の法令の施行により、中国のサイバーセキュリティ領域の法的な枠組みが基本的に確立されたうえ、その実務に合わせて、「法執行手続規定」の改正も必要となった。

Read More

Authored by: 丁婕

中国における「婦女権益保障法」は、1992年の施行以来、2015年、2018年に2回の改正が行われている。同法の第3回目の改正として、2022年10月30日に改正案が可決され、新たな「婦女権益保障法」(以下、「新法」という)が公布された。新法は、2023年1月1日から効力が生じ、施行される。今回の改正は、職場でのセクハラ禁止、女性の平等な就業の保護、個人情報保護などの面を主として、労働者の雇用に関して新たな要求を設け、使用者の関連法的責任を明確にするものとなった。本稿では、上述した企業の日常的な経営管理と密切に関わるいくつかの問題をめぐり、新法が労働者の雇用に関して設けた新たな要求を踏まえて、新法の改正内容を解説するとともに、企業の労働者雇用に関するコンプライアンスの問題について提言するものとしたい。

Read More

作者:王欣 杨楠 刘汝嘉

2022年12月28日,四川、重庆两地高院共同出台了《关于审理建设工程施工合同纠纷案件若干问题的解答》(以下简称《解答》)。《解答》在《民法典》《建筑法》《招标投标法》《最高人民法院关于审理建设工程施工合同纠纷案件适用法律问题的解释(一)》(以下简称《新建工司法解释》,原解释简称《原建工司法解释》)等规范框架下,结合建筑业改革发展趋势,回应了司法实践中高频易发且法律适用混乱的痛点,就施工合同效力、工期、工程质量、工程招投标、司法鉴定、工程价款优先受偿权、实际施工人权利义务等问题中的常见争点明确了裁判规则,统一了裁判尺度。为规范川渝两地建筑市场竞争秩序提供了积极的规范指引。笔者试结合有关制度沿革,浅析《解答》相关亮点。

阅读更多

在第十五回中,我们提到了在跨境并购中,交易双方通常约定将交易对价中的一部分资金存入第三方托管账户,以保证交割后价格调整金额的支付,或者可能发生的赔偿责任的支付。根据SRS Acquiom的统计,2021年在以非上市公司作为并购标的的交易中,65%的交易存在托管或预留(holdback)安排;在存在价格调整机制的交易中,72%的交易存在单独的价格调整托管安排。本回我们将介绍托管协议的主要内容和买卖双方的谈判要点;另外鉴于托管协议是买方、卖方和托管代理(escrow agent)间的三方协议,我们也将简要介绍交易方与托管代理的谈判点和托管代理通常坚持的一些标准条款。

阅读更多